鍋島直大和歌書 なべしまなおひろわかしょ

 / 明治 

鍋島直大 (1846~1921)
なべしまなおひろ
明治時代後期~大正時代
紙本墨書
縦42.6cm 横33.2cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

侯爵鍋島直大が自身の詠歌を書した作品。制作年代は明治30年(1897)に直大が正二位に叙されているためそれ以降と分かるが、直大自筆の「戦時歌集」には日露戦争時のものとして次の和歌が掲載されている。

 このころ戦争初まり献金公債等の事ありたるとき、家といふ事の歌の御題ありたれば
 とほつ親の なせるいさをに もとりなく  守るは家の ほまれなりけり

「なせるいさをに もとりなく」は、書幅では「たてしいさをゝ きすつけす」とされているが、おおよそ明治30年代後半以降に書したものとみられる。直大は、先祖の勲功とそのお蔭で在る今の家を守り続けることが侯爵鍋島家にとっての誉れであると考えていたことを示す。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直大和歌書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正詩・直大書(写)
楽譜帖
楽譜帖

鍋島直大

侯爵鍋島直大名刺
徴古館開館式式辞
新式唱歌譜
新式唱歌譜

鍋島直大

ページトップへ