Nabeshimanaohirogoika

鍋島直大御一家

Details

Nabeshimanaohirogoika

鍋島直大御一家

その他の美術 / 写真 / 明治 / 日本 / 九州 / 佐賀県

丸木利陽

まるきりよう

明治20年代

鶏卵紙 台紙付写真

竪cm 横cm

1枚

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

鍋島家に残る古写真は圧倒的に丸木利陽の撮影になるもので、膨大な数に上る。恐らく明治20年前後からのお抱えか。写真の技術が確かで仕上げが綺麗、状態も非常に良い。本資料も丸木利陽の台紙に貼られ、侯爵鍋島家の家族の肖像である。直大・栄子夫妻に長男直映(明治24年3月1日英国留学の途に)、直大生母瀧村(明治25年3月9日没)、伊都子・茂子・信子・貞次郎・孝三郎、栄子に抱かれた直縄(明治22年5月6日生)たち子女が写る。明治23年ごろの撮影か。

Search by Nabeshimanaohirogoika

Search by 丸木利陽

Search by 徴古館

Keywords

写真 / Matsusaburo / Yokoyama / Meiji

Related Works

Search items related to work chosen