乳児を抱く鍋島胤子像 にゅうじをだくなべしまたねこぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術  写真 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

明治時代
コロジオン湿板法 アンブロタイプ
竪11.6cm 横8.9cm
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

最後の佐賀藩主・鍋島直大の夫人胤子(1850~80)は、公家梅溪通善の娘で、初め駒(駒姫)、結婚後は胤子、諱は祚子という。元治元年(1864)12月24日、京都から佐賀城本丸に入り直大と挙式。明治3年(1870)6月23日、長女朗子を出産した。幼子を抱いて収まるこの写真はガラス湿板(アンブロタイプ)。明治3年撮影の直正の長女慈貞院(貢姫、健子)の肖像写真も、同じ座布団と桐紋散らしの屏風が背景にあることから、この写真も同年頃、佐賀で撮影されたのかと推測される。幕末・明治初期の写真がまだ一般的でない時期に、今風の母娘の記念写真は例の少ない貴重な資料といえる。撮影者は不詳ながら、安政6年(1859)、直正を撮影した川崎道民などが考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

乳児を抱く鍋島胤子像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直大・胤子夫妻像(イギリスにて)
洋行前の鍋島直大像
床几に座す鍋島直大像
鍋島直大宛て筆姫書簡
前田朗子像
前田朗子像

鈴木真一

ページトップへ