床几に座す鍋島直大像 しょうきにざすなべしまなおひろぞう

その他の画像全4枚中4枚表示

その他の美術  写真 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
コロジオン湿板法 アンブロタイプ
竪11.1cm 横7.5cm
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

11代鍋島直大は直正嫡子(母将軍徳川家齊女盛姫、実母鍋島周防茂郷女瀧村)として弘化3年(1846)8月27日出生、届出。文久元年(1861)11月20日、若干16歳で家督相続。初入部の時、軍制改革と海軍創設の急務を説き、倹約を実行。朝命を受け、議定職外国事務局輔・横浜裁判所副総督・江戸開市取扱などを歴任。明治元年(1868)3月26日、天保山沖での旗艦電流丸に乗込み指揮を執った「観艦式」はわが国初のこと。本資料はアンブロタイプ写真で皮製のケースに収める。上野戦争や野州鎮撫総督を命じられており、出立前に撮影か。幕末維新の激動の時期を、隠居した直正(閑叟)と共に乗り切った。

作品所在地の地図

関連リンク

床几に座す鍋島直大像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

乳児を抱く鍋島胤子像
徴古館開館式式辞
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

上々様方御筆御短冊
上々様方御筆御短冊

筆姫・徽姫・観姫・猶姫・貢姫

レクション羽織・袴
ページトップへ