鍋島直大・栄子集合写真(ローマにて) なべしまなおひろ・ながこしゅうごうしゃしん(ろーまにて)

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術  写真 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

ROMA
明治14年/1881年
鶏卵紙 印画
竪cm 横cm
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

明治13年(1880)3月8日、特命全権公使の辞令を受けた11代鍋島直大だが、3月30日妻胤子を亡くす。出発に先立ち、広橋栄子との婚約を済まし、一足早くローマへ赴く。翌年4月、到着を待って日本公使館で結婚式を挙げた。公使館での集合写真は2種類あるが、大勢での人物は、写真前列左から斉藤桃太郎・成富清風・北嶋以登子・田中永昌・松平定教、後列左より尾崎逸足・百武兼行・鍋島桂次郎・鍋島栄子・鍋島直大・田中建三郎の11名。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直大・栄子集合写真(ローマにて)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島栄子和歌短冊
ローマでの鍋島直大像
鍋島栄子出国前の心得書
鍋島直大像
鍋島直大像

百武兼行

鍋島直大宛て筆姫書簡
ページトップへ