釉下彩藤花文大花瓶 ゆうかさいとうかもんだいかびん

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 日本  九州  佐賀県 

フランス・セーブル焼
明治時代/1911年
陶器 壺形 裾すぼまり
口径23.6cm 高64.0cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

アールヌーヴォー風の装飾的な藤花模様を濃淡のコバルトブルーとオリーブ色で立体的に盛り上げ、釉下彩としている。内面と胴下部に記されたマークから、彫刻家・装飾家であるC.ピアン(C.Pihan)がデザインし、フランス国立セーブル製陶所で1911年に製作されたことが分かる。これはフランス大統領から朝香宮鳩彦王へ献上されたもの。鳩彦王は大正11年(1922)に軍事研究のためにパリへ留学しており、滞仏中に献上されたものと思われる。本品と対をなす花瓶が個人蔵として現存している。また形状や台座が酷似したセーブル花瓶が大正13年(1924)の皇太子裕仁親王の御結婚祝いとして、同じくフランス大統領から贈られている(宮内庁三の丸尚蔵館所蔵)。

作品所在地の地図

関連リンク

釉下彩藤花文大花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀製花鳥文花盛器
銀製花鳥文花盛器

小林時計店美術部

色絵金彩菊竹文花瓶
黄釉銹絵梅樹文大瓶〈宮川香山作/〉
菊御紋付桜模様七宝花瓶
銀製夕顔型花器
ページトップへ