銀製夕顔型花器 ぎんせいゆうがおがたかき

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  金工 / 明治  大正 / 日本  九州  佐賀県 

明治~大正時代
銀製 
高30.1cm 幅39.2cm 奥行22.5cm
1点
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

中央に菊御紋を配した夕顔型花器。基台となるツタの流麗な曲線が美しく、そこからのびる五つの夕顔の花そのものに花を活けるという、斬新なデザインである。一方で葉は夕顔のそれではなくユリ科植物の形状をしており、写実とデザイン性の融合した作品といえる。箱書に「鶴印 御紋付夕顔型五本立銀製御花盛器」とあり、朝香宮鳩彦王の所用であることが分かる。

作品所在地の地図

関連リンク

銀製夕顔型花器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀製花鳥文花盛器
銀製花鳥文花盛器

小林時計店美術部

鶴亀松竹菊庭雛鶏遊御人形
銀夕顔形水注
色絵金彩菊竹文花瓶
鼈甲製春蘭棚飾 鉢蒔絵菊花模様
ページトップへ