菊御紋入菊花蒔絵手箱 きくごもんいりきっかまきえてばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  漆工 / 大正 / 日本  九州  佐賀県 

大正時代/20世紀
木製 漆塗 長方形 印籠蓋造 外側面は梨子地に菊文様、菊花の輪郭は青貝 蓋表上部に菊御紋入 内側面は梨子地
竪29.0cm 横22.9 cm 高15.0cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

大正11年(1922)10月22日、朝香宮鳩彦王のフランス留学に際し、皇后陛下より御餞別として拝領したもの。総体梨子地とし、側面から正面にかけて、満開に咲く菊を描いている。菊の葉は銀蒔絵、花は金の薄肉高蒔絵とし、輪郭に沿って薄く青貝を嵌め、控えめながら輝きを与えている。

作品所在地の地図

関連リンク

菊御紋入菊花蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱
梨子地稲穂蒔絵硯箱
菊蒔絵手箱
梨子地笹蒔絵文台・硯箱・梨子地菊流水蒔絵料紙箱
巌に双鶏置物
ページトップへ