梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱 なしじくようもんちらしまつたちばなまきえおおすみあかてばこ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代中期
木製 漆塗 蒔絵 長方形 打被蓋造 二側面に紐金具
竪37.8cm 横29.3cm 高さ23cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

角赤手箱とは、身と蓋の口縁より四角にかけて隅金物にかたどり、荒い布目を出して朱漆塗りにし、他の部分を黒漆塗あるいは梨子地にし蒔絵をほどこしたもの。方形、角丸の被蓋造で、甲盛があり、塵居をつくる。内に納めるものに決まりはなく、化粧道具や身の回り品などを入れる。通常は、大と小の一対とする。この手箱は総体梨子地とし、池と築山から生える松と橘の樹を表し、模様の間に銀平文による九曜紋を散らす。所用者は不明ながら、九曜紋を用いる大名家の婚礼調度と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地九曜紋散松橘山水蒔絵手箱
梨子地松竹梅鶴亀蒔絵碁盤 碁笥添
黒漆塗杏葉紋散柄鏡箱
菊御紋入菊花蒔絵手箱
村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
ページトップへ