黒漆塗雷文花枝円文散蒔絵行器 くろぬり らいもんかしまるもんちらしまきえほかい

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期/19世紀
木製 漆塗 蒔絵 円形 甲盛 印籠蓋造
高58.5cm 径47.7cm
1対
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

蓋の表を大きく盛り上げた印籠蓋造りの行器。行器とは、食べ物などを入れて運搬する道具。内外に黒漆を塗り、外面に雷文繋ぎを地紋風に、花卉円文を上紋風に散らしている。花卉円文は、蓋表に椿、梅、菊を、側面に萩、薔薇、桜、沢潟、牡丹、蒲公英、水仙、芙蓉を、足に牡丹唐草をそれぞれ配する。器の表面を埋め尽くすように模様が蒔絵される。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗雷文花枝円文散蒔絵行器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗花枝円文蒔絵五段重
黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠
梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱
黒漆塗松ニ鹿青貝蒔絵硯箱
梨子地吉野山水蒔絵料紙箱
ページトップへ