片輪車螺鈿蒔絵手箱 かたわぐるまらでんまきえてばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 平安 / 関東 

東京都
平安
口縁に錫縁を回らした被蓋造の手箱。甲盛りがあり、塵居を設け、身の長側面中央に車輪形透彫りの銀製紐金物を打つ。総体漆塗りに鑢紛を蒔いた平塵地とし、蓋、身の全面に流水に片輪…
縦22.4 横33.3 高13.0 (㎝)
1合
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19311214
国宝指定年月日:19521122
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

片輪車文は平安時代後期の料紙下絵に少なからず見られるもので、当時よく好まれた文様である。本手箱では、叙景的な文様に装飾性を加え、優美な趣向を如実に示す。現在知られる平安時代の蒔絵螺鈿の遺例は数少なく、意匠・技法共に優れ、資料的にも貴重な作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

片輪車螺鈿蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

片輪車蒔絵螺鈿手箱
蓮唐草蒔絵経箱
蓮池蒔絵経箱
菊蒔絵手箱
菊花唐草螺鈿経箱
ページトップへ