宝相華銀平文袈裟箱 ほうそうげぎんひょうもんけさばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 平安 / 関東 

東京都
平安
長方形、角丸、錫の置口をめぐらした合口造りの箱。甲盛りがあり、塵居を設け、身の底も甲盛状につくっている。文様はすべて銀平文による。蓋表の周縁は、鐶形繋文で縁取り、四側面…
縦38.2 横34.8 高12.1 (㎝)
1合
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

平安時代以降に見られる曲線を主とした形態であるが、その平文の技法、宝相華の意匠ともに、奈良時代の様式を伝えるものである。遺品の少ない平安時代の作例として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

宝相華銀平文袈裟箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宝相華銀平文袈裟箱
片輪車螺鈿蒔絵手箱
秋野蒔絵手箱
蓮池蒔絵経箱
松喰鶴蓬莱山蒔絵袈裟箱〈/(法隆寺献納)〉
ページトップへ