宝相華銀平文袈裟箱 ほうそうげきんひょうもんけさばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 平安 / 日本 

日本
平安時代
木胎漆塗
高12.3㎝ 奥行34.4㎝ 幅38.2㎝
一合
東京都港区南青山6-5-38
根津美術館
重要文化財

平文は、平脱(へいだつ)ともいい、漆塗りの地に金属の薄い板金を嵌め込んで文様をあらわす象嵌技法のひとつである。中国で唐時代に盛んに行なわれた技法で、正倉院にも作例が伝わっている。日本製である平文の遺例はきわめて少なく、本作はそのひとつである。長方形合口造(あいくちづく)りの箱で、総体を黒漆塗りとし、蓋表に大きく宝相華文を配した唐風のシンメトリーな文様は、銀の薄板であらわされ、細部を毛彫りで仕上げている。現在は銀が黒く酸化しているが、往時は黒漆地と白く光る銀のコントラストが鮮やかだったことであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

宝相華銀平文袈裟箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宝相華銀平文袈裟箱
菊蒔絵硯箱
扇面鳥兜螺鈿蒔絵料紙箱
平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

秋野蒔絵手箱
ページトップへ