輪宝羯磨獅子蒔絵戒体箱 りんぽうかつまししまきえかいたいばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 中部 

鎌倉
長方形、合口造り、丸角、底に台脚を付けた箱で、蓋・身は総体黒漆塗りとする。金研出蒔絵で輪宝・羯磨・雲形・獅子・牡丹などを表す。輪宝・羯磨の細部や獅子の鬚・尾などにはさら…
縦35.4 横14.5 高13.8 (㎝)
1合
重文指定年月日:19860606
国宝指定年月日:
登録年月日:
萬徳寺
国宝・重要文化財(美術品)

本戒体箱は、三昧耶戒に際して戒状などを納める戒体箱と考えられ、室町時代以前のきわめて数少ない戒体箱の遺例である。

関連リンク

輪宝羯磨獅子蒔絵戒体箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊蒔絵手箱
秋野蒔絵手箱
蓮唐草蒔絵経箱
扇面鳥兜螺鈿蒔絵料紙箱
片輪車螺鈿蒔絵手箱
ページトップへ