黒漆金銅装神輿
  慶長九年九月の墨書銘がある
 附 黒漆金銅装神輿 1基
    再興銘板     1面
こくしつこんどうそうしんよ
 けいちょうくねんくがつのぼくしょめいがある
 つけたり こくしつこんどうそうしんよ いっき
 さいこうめいばん いちめん

漆工 / 安土・桃山 / 近畿 

奈良県
桃山時代/1604年
木造 黒漆塗
 八角鳳輦形。屋根は照り起りのある宝形造りで、丸瓦をあらわし、黒漆塗りとし、中央に八角の露盤を乗せ各面に奏楽する飛天を打出した銅板を張る。頂上の鳳凰は、頭…
総高223.5㎝(7尺3寸8分) 轅全長396.0㎝(13尺7分)

寸法細目 (単位 ㎝)
黒漆金銅装神輿(慶長9年)
  総高 223.5、屋根高 41.0、軸部高 98.0、轅総長 396.0

黒漆金…
1基
吉野郡吉野町大字吉野山1612番地
奈良県指定
指定年月日:20170214
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

黒漆金銅装神輿
  慶長九年九月の墨書銘がある
 附 黒漆金銅装神輿 1基
    再興銘板     1面
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舟津神社神輿
黒漆宝篋印塔嵌装舎利厨子
越生神社神輿
黒漆太刀拵
太刀 銘 和泉大掾藤原國輝/享保二十乙卯年二月吉日、黒漆葵五星文蒔絵飾太刀拵、<BR/>附 金装刀國輝作長三尺五寸拵目録、同控、献金装刀辞
ページトップへ