文化遺産オンライン

蓮唐草蒔絵経箱

はすからくさまきえきょうばこ

作品概要

蓮唐草蒔絵経箱

はすからくさまきえきょうばこ

工芸品 / 平安 / 近畿

奈良県

平安

長方形覆蓋造、漆皮製の箱。蓋と身の口縁に金沃懸地の紐を廻らし、身に金銅唐花透彫の紐金物を打つ。意匠は黒漆平塵地の研出蒔絵で蓮唐草と蝶、蓋裏に蝶を描く。

縦31.8 横17.6 高12.1 (㎝)

1合

奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50

重文指定年月日:19010802
国宝指定年月日:19560628
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

神宮寺伝来の経箱で、意匠が優れていると共に、奈良時代以降における漆皮製という極めて珍しい例として貴重である。

蓮唐草蒔絵経箱をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / / 蒔絵

関連作品

チェックした関連作品の検索