文化遺産オンライン

菊花唐草螺鈿経箱

きっかからくさらでんきょうばこ

作品概要

菊花唐草螺鈿経箱

きっかからくさらでんきょうばこ

工芸品 / 関東

東京都

高麗

1合

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19740608
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

長方形印籠蓋造で蓋の縁を大きく削面にとった箱である。総体黒漆塗りとし、身・蓋の外面に菊唐草文、牡丹唐草文を細かい螺鈿であらわしている。
 このような整然とした意匠と細密な技術とによって作られた螺鈿器は、朝鮮の螺鈿の技術が最も発達した高麗に作られたものである。その時期は大蔵経箱の官房「鈿函造成都監」が成立したころ、すなわち元宋十三年(一二七二)の前後と思われる。当経箱の遺品は世界的に少なく、わが国では他に四例を数えるにすぎなく、中でも保存状態がよい。

菊花唐草螺鈿経箱をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

螺鈿 / / 台東 /

関連作品

チェックした関連作品の検索