牡丹唐草螺鈿箱 ぼたんからくさらでんばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 関東 

東京都
李朝
木製、長方形、深い被蓋造り、隅丸の箱で、総体黒漆地に厚貝方にて牡丹唐草文に丸文を散らす。花、蕾、葉は割貝法、茎は截貝並列による。箱の内面には花菱入二重襷文の綾を貼る。
縦39.2 横65.0 高15.2 (㎝)
1合
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

大内氏の対鮮交易時代のもので、形は室町時代の文台・硯箱の形式を踏襲し、全面に薄い鮑貝で文台には松・竹・梅・椿・蘭・小鳥・雲などを表わし、硯箱は竹・梅に梔に小鳥の図を螺鈿している。箱は牡丹唐草文を螺鈿した李朝螺鈿の典型を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

牡丹唐草螺鈿箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊花唐草螺鈿経箱
花鳥螺鈿文台及硯箱唐草螺鈿箱
菊花文螺鈿経箱
牡丹唐草螺鈿箱
日月松竹螺鈿衣装箱
ページトップへ