嵯峨山蒔絵硯箱 さがのやままきえすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 室町 / 関東 

東京都
室町
被蓋造り、削面取りの箱で、身には長方形の硯と、金銅松文楕円形水滴を嵌めた敷板を置く。外部は黒漆塗地に高蒔絵を主に、だ太鼓を表し、削面は金銀切金置きの沃懸地に付描で竜を表…
縦27.6 横24.2 高5.5 (㎝)
1合
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

後撰和歌集中の在原業平の歌、「さがの山みゆき絶にし芹川の千世のふる道跡はありけり」に因んだ意匠の硯箱である。技巧の精を尽くし、高雅な趣を示している。室町時代中期の優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

嵯峨山蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春日山蒔絵硯箱
塩山蒔絵硯箱
嵯峨山蒔絵硯箱
砧蒔絵硯箱
花白河蒔絵硯箱
ページトップへ