春日山蒔絵硯箱 かすがやままきえすずりばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 室町 / 関東 

東京都
室町
被蓋造り、削面取りの硯箱。身には長方形の硯箱と銅製傘形水滴を嵌めた硯台を置き、左右に大小の懸子を納める。総体は梨子地。蓋表には、秋草の咲く山中の鹿と満月を、蓋裏には山上…
縦23.9 横22.1 高4.8 (㎝)
1合
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

古今集より壬生忠岑の歌「山里は秋よりことにわびしけれ鹿の鳴く音に目をさましつゝ」に因んだ意匠。
山里のわびしい情景を閑雅に表現している。一名「山里」とも称され、鴻池家の「三笠山」、大原家の「隅田川」などと共に、足利義政公五面の硯の一つと伝えられ、室町時代の特色をよくうかがうことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

春日山蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春日山蒔絵硯箱
塩山蒔絵硯箱
嵯峨山蒔絵硯箱
花白河蒔絵硯箱
砧蒔絵硯箱
ページトップへ