夕顔蒔絵硯箱 ゆうがおまきえすずりばこ

工芸 / 室町 / 近畿 

京都府
室町
被蓋造、錫覆輪の硯箱。身には中央に銅台鍍金の菊形水滴と硯を置き、左右に懸子を納める。蓋表は蔦のからむ網代垣に夕顔の図を梨地に研出、銀金貝を交えた薄肉の蒔絵で表す。蓋裏は…
縦24.3  横22.7  総高5.0  (㎝)
1合
公益財団法人北村文華財団 京都府京都市上京区御車道通清和院口上ル東入梶井町448-4
重文指定年月日:19630701
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人北村文華財団
国宝・重要文化財(美術品)

室町時代の蒔絵硯箱の遺品の中で、本品は意匠に趣があり、技法も優れた格調高い優作である。

作品所在地の地図

関連リンク

夕顔蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

塩山蒔絵硯箱
蓬莱山蒔絵硯箱
石燈籠
春日山蒔絵硯箱
砧蒔絵硯箱
ページトップへ