秋野蒔絵手箱 あきのまきえてばこ

工芸 / 鎌倉 / 関東 

埼玉県
鎌倉
錫の置口を付けた合い口造りの箱で、身に金銅三ツ千鳥透金具、鍍銀鏡板、鐶台切子に栗形。紐金具を打ち、内に懸子を納める。蓋表は梨地、研出高蒔絵に螺鈿を交えて流れに土坡、秋草…
高15.3 縦25.0 横33.3 (㎝)
1合
公益財団法人遠山記念館 埼玉県比企郡川島町大字白井沼675
重文指定年月日:19591218
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人遠山記念館
国宝・重要文化財(美術品)

優れた意匠で鎌倉時代手箱中の優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

秋野蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋野蒔絵手箱
長生殿蒔絵手箱
菊蒔絵手箱
片輪車蒔絵螺鈿手箱
夕顔蒔絵硯箱
ページトップへ