秋野蒔絵手箱 あきのまきえてばこ

工芸 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
長方形、合口造りの箱で、口縁に錫置口をめぐらす。側面には八重菊毛彫円形座に蕊形鐶台、円鐶をつけた金銅紐金物(後補)を打つ。総体は梨子地に研出蒔絵で土坡に秋草を大きく表し…
縦24.2 横30.9 高14.8 (㎝)
1合
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

やや煩雑な図様、朱漆描(雉子の眼)や銀鋲を用いた多様な技法は、室町時代以降に多く見られる手法であるが、手箱の形態としては、鎌倉時代末期の作例に類する。器形がよく整い、清雅な趣に満ちた手箱である。

作品所在地の地図

関連リンク

秋野蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊蒔絵手箱
片輪車蒔絵螺鈿手箱
秋野蒔絵手箱
長生殿蒔絵手箱
片輪車螺鈿蒔絵手箱
ページトップへ