片輪車蒔絵螺鈿手箱 かたわぐるままきえらでんてばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
錫の置口をつけた合口造の箱。表は沃懸地に螺鈿の片輪車を表し、付描をもって全面に波文を描く。蓋表は梨子中に巴文を散らし、身に車輪形銀製紐金物を打ち、内に菊花文金(銀)襴を…
縦27.3 横35.5 高21.0 (㎝)
1合
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19310314
国宝指定年月日:19530331
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

鎌倉時代の蒔絵手箱の中でも、量感に富んだ器形、よく整った文様の逸品である。同種の意匠になる平安時代の国宝と比較すると、その時代の趣向の差違が見てとれよう。雲州松平家伝来といわれる。

作品所在地の地図

関連リンク

片輪車蒔絵螺鈿手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

片輪車螺鈿蒔絵手箱
秋野蒔絵手箱
菊蒔絵手箱
秋野蒔絵手箱
舞楽螺鈿蒔絵硯箱
ページトップへ