菊花文螺鈿経箱 きっかもんらでんきょうばこ

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸 / 関東 

東京都
高麗
蓋に大削面を取った合口造。内朱、外黒漆の箱。意匠は螺鈿に金属の縒線を用いて立菊文、菊唐草文、連珠文、襷文を配し、蓋甲中央の枠内に螺鈿にて「大方廣佛華厳経」、前側面に「□…
縦37.6 横19.4 高26.4
1合
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19570219
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本経箱は、高麗版経を収めたと思われる箱である。もと毛利家に所蔵されており、同家の伝えによると、周防大寧寺(大内義弘創建)の什物であったといわれ、同寺に大内家から高麗版経と共に寄進されたことが考えられる。
高麗螺鈿器は数えられる程度の遺品しかなく、稀少な遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

菊花文螺鈿経箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊花唐草螺鈿経箱
菊花螺鈿経箱
牡丹唐草文螺鈿経箱
牡丹唐草螺鈿箱
菊唐草文螺鈿経箱
ページトップへ