文化遺産オンライン

菊花螺鈿経箱

きくからでんきょうばこ

作品概要

菊花螺鈿経箱

きくからでんきょうばこ

漆工 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・13世紀

木製漆塗

高26.0 縦37.8 横19.2

1合

銘文:「大方廣佛華厳経」

重要文化財

元来経箱として作られ、蓋の中央に「大方廣佛華厳経」の文字が螺鈿であらわされています。現存する高麗時代の螺鈿の中でも古く位置づけられる、非常に稀少な作例です。当代の螺鈿漆器は日本で珍重され、長く大事に伝えられたものが多く、この経箱も中国地方を制した毛利家に伝来しました。

菊花螺鈿経箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / 高麗 / / 唐草

関連作品

チェックした関連作品の検索