大方広仏華厳経入不思議解脱境界普賢行願品 ダイホウコウブツケゴンギョウニュウフシギゲダツキョウカイフゲンギョウガンボン

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 朝鮮半島 

制作地:朝鮮
高麗
白紙金書
縦 31 cm 横 712 cm
1帖

これは奥書によって元の世祖の至元二十八年(1291年)四月八日、経南山万寿禅寺の光明禅寺恵月の発願によって書写された大方応仏華厳経とわかる。元来紺紙金泥経で高麗のものは若干日本に伝来しているが、中国のもので年記の確かなものは極めて珍しい。また各巻の見返部分に金銀泥で密画変相が付いているが、この華厳経行願品見返絵の片隅に款記があって画工の名もわかり、書としては基より、絵画資料としても貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

大方広仏華厳経入不思議解脱境界普賢行願品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華厳経巻第七十一 巻第七十二 巻第七十三 普賢行願品
写経断簡・紺紙金字経「大方広仏華厳経 入法界品第三十四之十四」
写経断簡「大方広仏華厳経 世主妙厳品第一之五 / 伝 東寺伝来」
版経断簡「大方広仏華厳経 十地品二十二之二」
紺紙金字大宝積経〈巻第三十二/(高麗国金字大蔵経)〉
ページトップへ