文殊師利問菩提経 モンジュシリモンボダイキョウ

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 朝鮮半島 

制作地:朝鮮
高麗
紺紙銀字
縦 25.8 cm 横 14.4 cm
1帖
銘文:至元十三年高麗国王発願蔵経
重要文化財

紺紙銀字の高麗写経の代表的遺品。奥書より至元13年(1276、忠烈王2年)に高麗国忠烈王(1275-1308在位)が発願した銀字の大蔵経の1巻であることが知られる。実にしっかりとした筆致で経文が書写されており、表紙には金銀泥で韋駄天と思われる神像が描かれている。毎行14字の体裁で、首題下には千字文による函次表示があるが、経文の末尾の部分は欠失している。また折本に改装するにあたって天地が截たれたのか界上界下のゆとりが少なくなっている。

忠烈王は何度か銀字の大蔵経書写を発願しているが、国王の発願だけにその出来ばえは実にすばらしい。

作品所在地の地図

関連リンク

文殊師利問菩提経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華厳経巻第七十一 巻第七十二 巻第七十三 普賢行願品
阿育王太子法益壊目因縁経
大宝積経巻第三十二(高麗国金字大蔵経)
瑜伽師地論 巻第八十九(舎人国足願経)
華厳経 巻第七十
ページトップへ