紺紙金字大宝積経〈巻第三十二/(高麗国金字大蔵経)〉 こんしきんじだいほうしゃくきょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 近畿 

京都府
高麗/1006
紺紙金字・巻子装
縦29.0 全長831.7 16紙
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:20181031
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

高麗の統和二十四年(穆宗九年、一〇〇六)穆宗の母后千秋王太后が寵臣金致陽と同心発願して書写せしめた紺紙金字一切経の唯一の遺巻で、その端厳な書風は北宋前期の書法を伝えている。高麗の装飾経の現存最古の遺品であり、殊にその見返【みかえし】絵は成立年代を明らかにする高麗最古の紙本絵画として価値が高い。なお見返には朱筆で嘉慶二年八月権律師豪憲の施入記があり、本経が古くより請来され、南北朝時代末には湖東の金剛輪寺にあったことを伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

紺紙金字大宝積経〈巻第三十二/(高麗国金字大蔵経)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大宝積経巻第三十二(高麗国金字大蔵経)
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
浄名玄論
紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経)
紺紙金字大般若経 巻第五十二
ページトップへ