浄名玄論 じょうみょうげんろん

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 飛鳥 / 近畿 

京都府
飛鳥/706
8巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19740608
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

巻第四に「慶雲参年十二月伍日記」巻第六に「慶雲三年十二月八日記」の奥書を有し、巻第三、七八も同時代の書写である。いずれも麻紙に墨界を施して、本文は一行二十九乃至三十五字、その書風は六朝風の勁抜な書体で、すこぶる古体を存して注目される。書写年紀を明らかにする古写経として金剛場陀羅尼経(国宝・小川家蔵)とともにわが国写経史上稀有の遺品である。なお、巻第一は平安前期、第二、五は鎌倉時代の補写である。

作品所在地の地図

関連リンク

浄名玄論チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本朝文粋巻第六
陽成院歌合(二十巻本)
範国記〈長元九年夏秋冬記/〉
玉篇巻第九零巻
高弁夢記〈建永二年、承元三年、建暦元年/自筆本〉
ページトップへ