明月記〈建久十年春/自筆本〉 めいげつき

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術 / 鎌倉 / 近畿 

京都府
鎌倉
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19830606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 藤原定家が従四位上右近衛権少将兼安芸権介であった三十八歳の時の日記の自筆清書本で、建久十年(一一九九)春正月一日から三月二十九日までの記事を収めている。本文の書風は定家晩年の筆跡で、後筆の墨首付のほかは訂正・加筆はほとんど見られず、清書本の中でも整った姿を伝えている。
 記事中には、源頼朝の死とその後の朝廷・武家の政治的動向を伝える記載がみえ、また二月の春日祭に定家が祭使を勤めた際の次第を詳述した「春日祭使勤仕記」など注目すべき内容が多く含まれている。

作品所在地の地図

関連リンク

明月記〈建久十年春/自筆本〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明月記〈自筆本/天福元年六月記〉
明月記〈自筆本/〉
明月記〈正治二年秋/自筆本〉
範国記〈長元九年夏秋冬記/〉
高弁夢記〈建永二年、承元三年、建暦元年/自筆本〉
ページトップへ