明月記〈正治二年秋/自筆本〉 めいげつき

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術 / 鎌倉 / 近畿 

兵庫県
鎌倉
1巻
兵庫県川西市長尾町10-1
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人大阪青山学園
国宝・重要文化財(美術品)

藤原定家が従四位上、左近衛権少将兼安芸権介、三十九才の時の日記で、正治二年(一二〇〇)秋七月一日より九月卅日までの記事を収める。正治二年記は現存する定家自筆本のなかでも初期に当たる。体裁は巻子装で、表紙は紺紙後補表紙、「正治二年秋」と朱筆外題があり、首に厚手楮紙の旧表紙が貼付され、定家筆と思われる「正治二年秋」の墨書外題がある。料紙は無界の楮紙で、本文は首の「正治二年」という定家筆の年紀標記から始まる。また、文中には定家自筆の墨訂正、加筆がまま見られ、後筆の墨首付を付している。本文の記事は政治史、歌道史の上で重要な事実を含み貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

明月記〈正治二年秋/自筆本〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原定家自筆申文草案
成尋阿闍梨母集
明月記〈自筆本/〉
明月記〈建久十年春/自筆本〉
源家長記
ページトップへ