藤原定家自筆申文草案 ふじわらのさだいえじひつもうしぶみそうあん

その他の美術 / 鎌倉 / 近畿 

藤原定家
鎌倉
1巻
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

藤原定家が参議の時、権中納言への昇進を望んで作成した申文の自筆の草案である。巻子装で、後補の紺表紙を附し、朱字で外題を「京極殿納言御申文之案」と掲げている。料紙は楮紙で墨横罫を天三罫、地単罫に施している。文中加筆訂正が特に著しく、初稿段階の草稿本であることを明らかにし、内容よりみて、承久三年(一二二一)定家六十才の筆と認められる。その日録『明月記』は同年条を欠き、申文作成前後の動向は未詳であるが、その内容は『明月記』の欠を補うもので、参議としての定家の在り方、及び当時における申文の実態を伝えて価値が高い。

関連リンク

藤原定家自筆申文草案チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明月記〈正治二年秋/自筆本〉
明月記〈自筆本/天福元年六月記〉
明月記〈自筆本/〉
長秋記〈大治四年八・九月、天承元年正・二・三月/藤原定家書写〉
明月記〈建久十年春/自筆本〉
ページトップへ