公卿補任〈藤原俊成、同定家筆/〉 くぎょうぶにん

 / 鎌倉 / 近畿 

藤原俊成、藤原定家
鎌倉
2帖
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

『公卿補任』は貴族の職員録で、わが国神代以降の公卿記録として知られている。この冷泉家本は藤原俊成・定家の父子がそれぞれ書写して常用した所持本である。うち俊成筆本はもと綴葉装で現在九丁を存し、長治三年(一一〇六)条から大治三年(一一二八)条に至る間およそ十年分を断続して存している。また定家筆本は綴葉装(九括)で一四八丁を存し、建久九年(一一九八)条から承久三年(一二二一)条に至る二十四年分を収め、うち建暦元年(一二一一)条以降には筆者である定家自身の補任記事を掲げている。両本とも本文の内容は流布本(『国史大系』本)に比して大異はないが、官歴の内容にしばしば異同がみられ、流布本の欠を補う点が少なくない。なお両本の断簡は「補任切」として古筆の上でも珍重されている。

関連リンク

公卿補任〈藤原俊成、同定家筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仲文集〈藤原定家筆/〉
長秋記〈大治四年八・九月、天承元年正・二・三月/藤原定家書写〉
恵慶集〈上 藤原定家筆/〉
周防内侍集〈藤原俊成筆/〉
集目録〈藤原定家筆/〉
ページトップへ