春記〈永承三年/〉 しゅんき

その他の画像全3枚中3枚表示

その他の美術 / 鎌倉 / 近畿 

大阪府
鎌倉
3巻
大阪府大阪市淀川区十三本町2-17-85
重文指定年月日:19990607
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人武田科学振興財団
国宝・重要文化財(美術品)

 『春記』は祖父藤原実資の養子で小野宮家の嫡流となった資房(一〇〇七-五七年)の日記である。日記には摂関藤原頼通批判の記事を含むなど、平安時代中期のまとまった日記の第一に挙げられる。
 書名は、資房が参議兼東宮権大夫に任じていたところより、東宮(春宮)から「春記」と称された。また名前から「資房卿記」、小野宮流から「野房記」とも呼ばれている。日記の年代は、長暦二年(一〇三八)から天喜二年(一〇五四)に至るまで現存する。
 本巻は、永承三年(一〇四八)春上、春下、夏の三巻からなり、正月から六月に至る記事である。奥書によると、建久元年(一一九〇)に藤原俊成(一一一四-一二〇四年)が藤原能成に依頼して書写させ、さらに承元三年(一二〇九)に他本で校合が加えられている。
 本巻の僚巻として重文『花月百首撰歌稿〈藤原俊成筆〉』一巻(前田育徳会所蔵)がある。この巻子装の紙背は永承三年二月十四日後半より三月十三日前半までの『春記』である。本巻の「春上」最後の一行「被奉幣於春日大原野吉田今日可定申使□」の文字は、紙継目により半分欠けているが、前田育徳会本の最初の一行目とつながって完全な文字列となる。前田育徳会本最後の三月十三日前半部は、本巻の「春下」最初の十三日後半部の本文と連続することからも、前田育徳会本と本巻は一連の巻子で、もとは一巻であった。
 書写過程は、俊成が所持している書状類を藤原能成に与え、巻子装にして書写が行われ、書写終了後、折本装とされた。俊成は、約二五センチメートル幅に畳まれた折本装の「夏」巻末に書写の旨を書き付けた。折本装としたのは、儀…

作品所在地の地図

関連リンク

春記〈永承三年/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

知信記〈天承二年春記/〉
長秋記〈大治四年八・九月、天承元年正・二・三月/藤原定家書写〉
範国記〈長元九年夏秋冬記/〉
台記〈保延五年二月二十三日列見記/〉
四十番歌合〈建保五年十月十九日〉
ページトップへ