Meigetsuki

明月記〈自筆本/天福元年六月記〉

Details

Meigetsuki

明月記〈自筆本/天福元年六月記〉

その他 / 鎌倉 / 関東

東京都

鎌倉

1巻

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

いずれも藤原定家の日記、明月記の自筆清書本である。天福元年六月記は、定家が前権中納言、正二位、七十二歳の時の日記で、現存明月記中の最晩年の記に属する。本文は首に「六月〈小/〉」と掲げ、記事は一日条より二十九日条に至る。嘉禄二年八月記は、定家が前参議であった六十五歳の時の日記で、八月一日条より二十九日条に至る一ヶ月の記事を収める。ともに鎌倉時代の根本史料として価値が高く、かつ定家平生の筆跡を伝えている。

Related Works

Search items related to work chosen