法華経普門品〈(装飾経)/〉 ほけきょうふもんぼん

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19610630
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本経は,平安時代院政期に書写された法華経一品経遺品で,平安貴族の嗜好を反映して美麗に意匠された装飾経である。表紙には白黄地紫飛雲に金銀切箔砂子を雲霞に散らしている。見返の経意絵は日輪の山の端より上がる図柄の大和絵で,観音菩薩の功徳を称えた経意を表したものであり,絵画資料としても著名なものである。料紙には白,紫,薄茶,藍打曇の色紙に金銀切箔を散らし,銀泥界を施している。

作品所在地の地図

関連リンク

法華経普門品〈(装飾経)/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法華経普門品
法華経普門品(装飾経)
法華経 八巻
法華経 八巻

「しんのかく」「しん女かく」(奥書)

一字蓮台法華経〈如来神力品/嘱累品〉
無量義経・観普賢経
ページトップへ