紙本金銀泥鶴図下絵和歌巻

その他の画像全10枚中10枚表示

絵画 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

光悦【こうえつ】書金銀泥下絵和歌巻は、仮名書と装飾料紙の伝統を桃山時代に再興したものとして高く評価されるが、中でも本巻は、当初の姿をのこし保存もよく、群鶴のおりなす見事な画面展開の妙とうつり映える金銀泥の効果など技巧の頂点を示し、また光悦のはりのある書体とあいまって和歌巻中の優品にあげられる。制作の時期は光悦の書風よりみて立正安国論(元和五年・一六一九)等に先立つ慶長期の作と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本金銀泥鶴図下絵和歌巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鶴図下絵和歌巻
鶴図下絵和歌巻

俵屋宗達画・本阿弥光悦書

和歌巻断簡
和歌巻断簡

本阿弥光悦

古今和歌集巻第十二残巻(本阿弥切本)
紙本墨画淡彩山水図〈一技希維筆/〉
法華経普門品〈(装飾経)/〉
ページトップへ