古今和歌集巻第十二残巻(本阿弥切本) こきんわかしゅうまきだいじゅうにざんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19670615
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本阿弥光悦【ほんあみこうえつ】の所蔵にかかるところから本阿弥切【ぎれ】と呼ばれるこの一連の断簡は、上代仮名の優品として古来いたく珍重されてきた。夾竹桃文様【きようちくとうもんよう】の美しい雲丹刷【きらず】りの唐紙に、流麗な仮名書で筆写され、八枚継ぎの巻子【かんず】装は原形に近く、巻第十二のほぼ全文を伝えて貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集巻第十二残巻(本阿弥切本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金銀泥鶴図下絵和歌巻
和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉
大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
金光明最勝王経註釈〈巻第四断簡/(飯室切)〉
ページトップへ