伏見天皇宸翰御歌集〈春秋/七十四首(広沢切)〉 ふしみてんのうしんかんごかしゅう

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 鎌倉 / 近畿 

伏見天皇
京都府
鎌倉
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

春部六十六首、秋部八首(他に半存二首)、計七十四首を収め、文中に抹消、訂正など御加筆の跡があり、世に「広沢切」と称する整理途中の稿本である。文中の注記および紙背の暦、文書の年代よりして本巻は、延慶年間、天皇四十四五歳頃の宸翰と推定され、伏見天皇御歌集(広沢切)の成立およびその伝来を考える上で重要な価値を持っている。

作品所在地の地図

関連リンク

伏見天皇宸翰御歌集〈春秋/七十四首(広沢切)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
伏見天皇宸翰歌集(広沢切)
伏見天皇宸翰御歌集(五十五首)
伏見天皇宸翰唯識三十頌
陽成院歌合(二十巻本)
ページトップへ