伏見天皇宸翰歌集(広沢切) フシミテンノウシンカンカシュウ(ヒロサワギレ)

その他の画像全21枚中16枚表示

 

縦:30.8cm 横:378cm
1巻
重要文化財

伏見天皇(1265~1317)が、日頃詠まれた和歌を歌集としてまとめるために書き留められた草稿。世に「広沢切」と称され鎌倉時代における仮名の名筆として珍重されている。 この一巻は蜂須賀(はちすか)家に伝来したもので春部66首、秋部8首の計74首を収め、紙背には嘉元3年の具注暦及び文書があり、広沢切の成立や伝来を研究する上にも貴重なもの。

作品所在地の地図

関連リンク

伏見天皇宸翰歌集(広沢切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伏見天皇宸翰御歌集〈春秋/七十四首(広沢切)〉
伏見天皇御集(広沢切)
広沢切貼込屏風
広沢切貼込屏風

伏見天皇筆

伏見天皇宸翰和歌集(広沢切)
大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
ページトップへ