広沢切貼込屏風 ひろさわぎれはりこみびょうぶ

歴史資料  絵図・地図 / 鎌倉 / 日本 

伏見天皇筆
ふしみてんのう
鎌倉/13-14世紀
屏風 各 縦99.4 横315.4 本紙 縦30.3-3.05
六曲一双
重文

 「広沢切」は、古来能書として名高い伏見天皇(一二六五-一三一七)が平生の御製を書写された歌集草稿の残巻である。この六曲一双の小屏風には、部立はないが春・夏・秋・冬・恋・雑の歌百二十首が金銀泥緑青絵の地に貼込まれている。古筆屏風の遺例としても貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

広沢切貼込屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伏見天皇宸翰歌集(広沢切)
伏見天皇宸翰御歌集〈六曲屏風貼付/(百二十首)〉
伏見天皇宸翰御歌集〈春秋/七十四首(広沢切)〉
伏見天皇御集(広沢切)
重之集
重之集

伝藤原行成筆

ページトップへ