百首和歌 伝 藤原為家筆 ひゃくしゅわか

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 日本 

伝藤原為家 (1198〜1275)
ふじわらのためいえ
日本
鎌倉時代
紙本墨書
縦28.8㎝ 長596.6㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-137
根津美術館
重要美術品

古筆了仲による宝永元年(1704)の極書が添い、定家の嫡男藤原為家(1198〜1275)筆と伝承されるが、その確証はない。春、夏、秋、(冬)、恋、雑の各部に分けて詠じた百首を11紙に書写したもので、完備している。後京極流の書風から推して13世紀前半の筆跡と考えられるが、歌人の名も人数も未詳であり、『新古今和歌集』を回顧しつつ平淡な詠みぶりの歌も多く、国文学研究上からも貴重な一巻である。

作品所在地の地図

関連リンク

百首和歌 伝 藤原為家筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寂蓮無題百首
重之集
重之集

伝藤原行成筆

寛平御時后宮歌合〈藤原定家、同為家筆/〉
仲文集〈藤原定家筆/〉
古今和歌集切「やましろの」
ページトップへ