伏見天皇御集(広沢切) ふしみてんのうぎょしゅう ひろさわぎれ

 / 鎌倉 

伏見天皇筆
鎌倉時代・14世紀
紙本墨書
1幅

伏見天皇が詠まれた和歌を歌集としてまとめるために書き留められた『伏見天皇御集(ぎょしゅう)』の断簡。元々は巻子であったが分割され諸処に分蔵される。文中に推敲(すいこう)が見られるのは、草稿であったことを示す。世に「広沢切」と称され仮名の名筆として珍重されている。

作品所在地の地図

関連リンク

伏見天皇御集(広沢切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伏見天皇宸翰歌集(広沢切)
広沢切
広沢切

伏見天皇

伏見天皇宸翰御歌集〈春秋/七十四首(広沢切)〉
広沢切貼込屏風
広沢切貼込屏風

伏見天皇筆

宸翰 秋三首 広沢切[重要美術品]
ページトップへ