花園天皇宸翰御消息〈後二月廿四日(御花押)/〉 はなぞのてんのうしんかんごしょうそく

その他の美術 / 鎌倉 / 近畿 

花園天皇
京都府
鎌倉/1333
1幅
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

花園天皇の自筆書状で、本文二十二行、末に後二月廿四日の日付と花押があり、元弘三年天皇三十七歳の宸翰と認められ、尊円親王に充てられたものであろう。文意は元弘の変後の天下動乱の様子を伝え、殊に「堂燈事鳩消之後断絶歟」の条は、太平記巻五に名高い。叡山根本中堂常明燈鳩消しのことにふれられたもので、太平記の記事を証する新史料としても注目される。なおこの御消息は料紙の状態から、或は三朝宸翰(前田育徳会蔵)のうちとして伝来したものかと推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

花園天皇宸翰御消息〈後二月廿四日(御花押)/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花園天皇宸翰消息
高弁夢記〈建永二年、承元三年、建暦元年/自筆本〉
大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
知信記〈天承二年春記/〉
明月記〈建久十年春/自筆本〉
ページトップへ