古今和歌集巻第一断簡〈(高野切)/(寛平の)〉 こきんわかしゅうまきだいいちだんかん こうやぎれ かんぴょうの

 / 平安 / 関東 

東京都
平安
装飾料紙、掛幅装
縦25.8㎝ 横41.0㎝
1幅
東京都千代田区丸の内3-1-1
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人出光美術館
国宝・重要文化財(美術品)

 『古今和歌集』を書写した現存最古の写本の断簡である。本文は仮名の美を表現する名品である。高野切の名称は高野山に伝来したことに由来する。
 本幅は、完成された仮名の流麗な連綿体の美を見せ、国文学上の価値と共に、仮名の最高峰の名称として書道史上にも著名なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集巻第一断簡〈(高野切)/(寛平の)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色紙墨書万葉集巻第四断簡〈(栂尾切)/(従情毛)〉
後撰和歌集巻第十断簡〈(白河切)/(いまはといふ)〉
後撰和歌集巻第十断簡〈(白河切) /(人しらす あまのとを)〉
後撰和歌集巻第九断簡〈(白河切)/(おもひかは)〉
後撰和歌集巻第一断簡〈(白河切)/(たいしらす ひとこゝろ)〉
ページトップへ