継色紙(なつのよは) つぎしきし

 / 平安 / 関東 

東京都
平安
1幅
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19760605
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

古今和歌集巻第三に所収の清原深養父の歌一首を藍染め斐紙に散らし書きにした古筆切である。継色紙はもと万葉集・古今集などを染紙を交えて書写した粘葉装冊子の断簡で、見開き部分にのみ散らし書きにしている。筆者は小野道風と伝承されるが、その古体の仮名を用いた書風は平安中期の書写と目され、古筆切の優品として書道史上に注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

継色紙(なつのよは)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

継色紙(あまつかぜ)
継色紙(よしのかは)
継色紙
継色紙

伝小野道風筆

色紙墨書万葉集巻第四断簡〈(栂尾切)/(従情毛)〉
彩牋墨書古今集巻四断簡〈(伝俊頼筆)/(題不知)〉
ページトップへ