彩牋墨書古今集巻四断簡〈(伝俊頼筆)/(題不知)〉 さいせんぼくしょこきんしゅうまきのよんだんかん〈(でんとしよりひつ)/(だいしらず)〉

 / 平安 / 関東 

東京都
平安/11世紀後半
掛幅装、彩牋墨書、本紙寸法 22.5㎝×8.9㎝
1幅
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20130617
登録美術品

 本作品は、「巻子本古今集切」と呼ばれる古筆切で、『古今集』巻第四の断簡である。伝称筆者は歌人の源俊頼(1055~1129)である。本文は、『古今集』巻第四の秋歌上のうちの二首にあたる。料紙は牡丹唐草文の蝋牋を用い、華麗な趣を伝える。書風は繊細流麗で抑揚があり、料紙の色と墨色との調和も考慮されている。
 本作品は、装飾料紙を用いた古筆切の鑑賞のありようがわかる史料として価値が高く、併せて『古今集』の平安時代後期の書写になる古写本として国文学上にも貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

彩牋墨書古今集巻四断簡〈(伝俊頼筆)/(題不知)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
色紙墨書万葉集巻第四断簡〈(栂尾切)/(従情毛)〉
曽根好忠集断簡(みそれふり)
曽根好忠集断簡 (三月下云々)
後撰和歌集巻第八断簡〈(白河切)/(としくれて)〉
ページトップへ