曽根好忠集断簡 (三月下云々) そねのよしただしゅうだんかん

 / 平安 / 関東 

東京都
平安/12世紀後半
掛幅装、紙本墨書、本紙寸法 22.4㎝×34.3㎝
1幅
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20130617
登録美術品

 本作品は「曽丹集切」と呼ばれる古筆切で、『曽根好忠集(曽丹集)』の断簡である。
 『曽根好忠集(曽丹集)』には百首和歌と、一年の日数にあわせた三百六十首の和歌を四季・月・旬の単位で区分した毎月集の二種があるが、本切は毎月集で、「三月下」の一〇首である。
 伝称筆者は西行(1118~1190)である。書風は緩急抑揚の変化にとんでいる。
 本作品は、もと巻子本の私家集として珍しい古写本であり、古筆鑑賞と国文学上の史料として価値が高い。また書道史上にも重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

曽根好忠集断簡 (三月下云々)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

曽根好忠集断簡(みそれふり)
後撰和歌集巻第一断簡〈(白河切)/(たいしらす ひとこゝろ)〉
後撰和歌集巻第九断簡〈(白河切)/(おもひかは)〉
彩牋墨書古今集巻四断簡〈(伝俊頼筆)/(題不知)〉
彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
ページトップへ