夜寝覚抜書(金銀泥下絵料紙) よわのねざめぬきがき

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 南北朝 / 近畿 

兵庫県
南北朝
1巻
兵庫県川西市長尾町10-1
重文指定年月日:19980630
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人大阪青山学園
国宝・重要文化財(美術品)

 『夜寝覚』は、菅原孝標女の作といわれる平安時代後期の王朝物語であり、現在完本は伝わっていない。現存諸本には三巻本系統の前田本と五巻本系統の島原本等の二系統があり、前田本の上巻が島原本の巻一・二に、中・下巻が巻三・四・五に相当し、いずれも江戸時代の写本である。『夜寝覚』の構成は四つの部分からなり、第一部が上巻、第二部が中間欠巻、第三部が中・下巻、第四部が末尾欠巻に当たる。
 『夜寝覚』の内容は、源氏太政大臣の娘中君(寝覚上)が前関白左大臣の息権中納言(内大臣)と相思の関係にあって二児を産みながら、さまざまな外的事情に妨げられ、「夜の寝覚絶ゆるよなく」て、数奇の生涯を送るというものである。
 本巻は、その内容からみて『夜寝覚』中の文や和歌を適宜抄出し、一巻に散らし書きしたものであることが知られる。
 体裁は巻子装で、表紙に藍地唐花文色糸金襴、見返は金銀泥水辺鳥草片輪車模様金銀砂子散、軸に牙印可軸を装している。外題、首題は存しない。
 料紙には斐紙を用い、金銀泥にて水辺と水禽と片輪車、芦原と浜千鳥、下弦月と雲霞と雁行、小屋と柴垣など風物を描き、一部芦手絵をまじえた華麗な装飾料紙であり、紙背にも金銀切箔砂子野毛散にて雲霞引を配している。
 本文は『夜寝覚』の欠巻部分である中間部分と末尾部分に相当しており、その欠巻部分の両方から九首の和歌を中心に適宜抄出している。この九首の和歌のうち、「さきにほふはなもかすみもみやこにてみしなからなるはるのあけほの」と、「かきりとていのちをすてしやまさとの夜半のわかれににたるそらかな」の二首は、広沢の地に隠棲して…

作品所在地の地図

関連リンク

夜寝覚抜書(金銀泥下絵料紙)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏説阿弥陀経
素性集(色紙)
新古今和歌集(隠岐本)上
阿弥陀経
躬恒集
ページトップへ